小さな金額で大きく投資をして大きく儲けるチャンスが欲しい。
そんな時に注目したいのがFXです。
FXは証拠金を預けることにより、その金額の何倍ものレバレッジをかけた取引を行うことができるということで人気が高くなっています。

そして同様の取引ができるのがCFDです。
CFDとはContract for Differenceの略であり、差金決済取引という言葉になります。
FXであれば、その対象は為替のみです。
しかしCFDなら、全世界の株価指数や商品、債権など、とても幅広い対象の取引をすることができるのです。

証拠金を預けることでレバレッジをきかせた取引が可能、イコールハイリスクだというイメージを持つ人もいますが、実はこれ、配当をもらいながら長期保有できるという性質も持ち合わせているのです。
そんな魅力的なCFDとは、くりっく株365です。
実はこれ、別名取引所CFDと呼ばれるものなのです。
くりっく株365は、日経225、独DAX、英FTSE100、中国FTSE25、そしてNYダウなどの株価指数をすべて円建てで取引ができるようになっています。
通常であれば外貨でやる必要があるものが円でできるってかなりうれしいことではないでしょうか。

CFDの取引をすると、配当相当額、そして金利の受け渡しが発生します。
例えば日経225を購入した場合には、配当金相当額を定期的に受け取り、金利を支払います。
売る場合はその逆となります。

CFDは短期売買をすれば大きく儲ける金額などが動きますが、長期保有していくことにより、定期的に配当を受け取ることができるのです。
大きく儲けることもできれば、定期預金よりも利率のいい感じで配当を受け取り続けることもできる、何とも便利な投資なのです。

しかし、株価自体は永遠に上昇し続ける訳ではありません。
もちろん、今より急上昇することもありますし、下落することだってあります。
大きく動くことも多々あるのです。
日経225やNYダウのような株価指数に対しての投資をする際には、そのことを頭に置いて運用を続けていくようにしましょう。

アベノミクスで景気が上がると思われた日本ですが、実際はそれほどでもありません。
株が元気になるまでひたすら耐え忍ぶよりも、海外に目を向けよう、という人も増えているようです。
そんな今、人気が高まっているのがCFDです。
CFDというのはFXと同じで、証拠金取引となり、FXと同様レバレッジをきかせることも可能です。
このレバレッジが、ある意味庶民の味方なので、投資をする人が増えたと言ってもいいでしょう。

今までであれば、株を買うためには100万円必要だったところが、CFDは業者の選定する証拠金額が準備できればOKです。大半は、買いたい株の10%の証拠金があれば取引することができるようになっています。

そしてFXと違い、国内外の株式、債権、株価指数や先物取引など幅広い分野を取り扱っています。
それだけ幅が広ければ、どこかに景気がよくて儲かるものがありそう、と思ってしまいますね。

では、海外株価指数CFDの取引可能なものは、どんな感じになっているでしょうか。
これは業者によってかなり取り扱い銘柄が異なり、その銘柄数も異なります。

一般的なものを挙げれば、当然株価指数があります。ナスダック100指数やニューヨークダウなどに代表されるもので、ヨーロッパやイギリス、香港、オーストラリアなどがあります。そして株価指数の中でも先物、こちらもアメリカやオーストラリア、シンガポール、インド、南アフリカ等がそれぞれの業者で選定され、取り扱われています。

海外と聞くと時差が気になるところですが、CFDはほぼ24時間売買可能となっています。これが最大のメリットと言えるでしょう。そのため、サラリーマントレーダー、主婦トレーダー、学生トレーダーなどが増えてきているのです。

銘柄数がかなり多いため、どれにしたらいいのかと目移りしてしまいそうですが、本当に儲けようと思えば人任せではいけません。CFDとは何なのか、からスタートしてそのメリット・デメリットを把握し、テクニカル分析、そしてファンダメンタルズ分析などのやり方をしっかり身につけるほうがよいでしょう。

実際に成功している人のホームページや業者のホームページなどを参考にするととても分かりやすいかもしれません。

CFDとは差金決済取引のことですが、ややこしい印象をお持ちの方も多いかもしれません。
取引所CFDや店頭CFDなど、理解が難しいと思っている方も多いのでは。
そこで、まずは入門編として”CFD取引”に関することを分かりやすくご説明したいと思います。
基礎を固めるところから始めてみましょう。

CFD取引はさまざまな価格や指数などを参照し、差金決済による売買を行う方法です。
たとえば原資産となる国内の通貨であったり株価、株価指数、債券、金や石油といったものも金融商品であり、取引対象となります。

CFD取引はもともとイギリスではじまったもので、日本ではまだまだ成長途中といったところでしょうか。
イギリス本国ではいまや全金融マーケットの取引高のシェアが実に3割を占めるほどの、とてもメジャーな金融商品となっています。

日本ですっかり人気が定着したFX。
外国為替を差金決済による売買で利益を狙っていくという取引です。
実はこのFXもCFD取引の一種で、為替CFDになります。
つまり、CFDは上記でもご説明しましたが、株CFD、株価指数CFDなどがあるということですね。

差額による利益を狙うということはどういう意味かと言いますと、
とある企業の株CFDを100万円で購入したとしましょう。
後日その企業の株CFDが110万円になったので売却します。
そうすると通常の株取引の場合なら100万円で買い、売却後110万円が口座に入金されるという流れになるのですが、CFDはそうではありません。
決済時に発生した差額10万円をやり取りするという取引になるのです。

つまり、キャピタルゲインによる取引であるということになります。

投資の勉強をしていると、「レバレッジ」というワードを目にする機会が多いと思います。
いろいろな投資に活用できるレバレッジについて、分かりやすくご説明しましたのでご覧ください。

レバレッジによる取引とは、取扱業者に預ける証拠金(資金)を担保にして、より大きな金額を運用することを指します。
このレバレッジが活用できる取引に、
・CFD(差金決済取引)
・くりっく株365
・FX
などがあります。

分かりやすい具体例を挙げてみます。
たとえば、3000万円のマイホームを購入するとしましょう。
ただし、自己資金は300万円しかありません。
残りの2700万円は住宅ローンを組むことになりますよね。
となると、300万円の資金で3000万円のマイホームを購入するということで、レバレッジを10倍効かせてマイホームを購入した、ということです。
これが投資にも当てはまるということ。
とてもシンプルですよね。

少ない資本金で大きな取引ができるということがレバレッジの最大のメリットと言えるでしょう。
ただし、上記のマイホームの例では損失は発生しませんが、投資となると話は別。
レバレッジにより大きな取引ができるようになっても、必ず利益を出さなければいけないということです。
損失を出すことになれば、証拠金だけでは賄えないケースも。
資金のことを念頭に置いた取引が一番重要なのではないでしょうか。

日経225先物取引は、少額の証拠金を証券会社に預けることで、多額の株を取引できるメリットがあります。
また、株の売買に関しても、先物取引では好きな日時を予約して売買できるため、仕事をしている社会人や昼間忙しい主婦などにも人気があります。

しかし、先物取引を始める際には、株価だけでなく利用する証券会社の手数料にも注意しておきましょう。
そうです。証拠金を預ける証券会社。
無料で株の売買ができるわけではありません。
どこの証券会社でも、決まった手数料がかかります。
その手数料を把握せずに取引していると、損失を出してしまうこともありますので注意しておきましょう。

ちなみに手数料に関しては、miniで30~50円程度の証券会社が多いようです。
中には手数料無料を宣伝文句にしているところもあります。
通常は手数料がかかっても、キャンペーンなどで期間限定無料のところもありますよ。

このように、証券会社選びはチャートが見やすいとかサポートが充実しているなど…
これらの項目以外でも、手数料の料金についても確認しておくことをおすすめします。
たかが数十円…と思うかもしれませんが、そこが株の怖いところです。
1枚ならば数十円でも、千枚購入すれば数千円…場合によっては万単位になってしまうこともあるでしょう。
日経225先物取引を始める前には、注意してほしいと思います。

今後の生活のために、老後の生活のために、やはり安定した生活を送るために何かしら資産運用を始めているという方が増えてきました。貯金するだけでは物足りないと感じている方が多いんですね。そのひとつとして株を始める方もたくさんいらっしゃいます。株を始めると分かりますが、色々と覚えることがたくさんあるのです。分からないものをそのままにしておくと、大事な資産を減らしてしまう可能性があるので、覚えておくべきことはできるだけ早めに理解して、学ぶべきことは大切な知識として積極的に覚えていきましょう。

例えば株価指数先物取引と株式取引、この二つの何が違うのか理解していきます。まずは株価指数先物取引についてですが、取引のときに現物の受け渡しが行われない取引を意味しています。株価指数を一定の値段で売買するための約束をするという取引なんです。これは、決算の履行を保証するというもので、売買の取引を安全に確保する証拠金制度が採用されることになります。つまり、一定の証拠金の差し入れがあれば、株の取引金額の全額を用意する必要がないという仕組みなんです。

ちなみに株式取引とは、株式もしくは取引金額の全額が必要になります。そのため、取引が成立したら現物の譲渡が行われるという流れになっています。

株式投資以外にも新たな資産運用を始めてみたいという方、差金決済取引はいかがでしょうか?
イマイチぴんと来なかったという方も、”CFD”という名称なら耳にしたことがあるかもしれません。
証拠金を元手に日本国内および国外の通貨や株価といった金融商品の価格や指数を参照して差金決済で売買を行うという取引手法です。
投資対象は、なんと一万種類以上!
しかも国内投資や海外投資、さらに株価指数や原油などとなっていますので、投資家がそれぞれ選ぶことができることが特徴であり、魅力と言えるでしょう。
さらにFX同様レバレッジを効かせた取引を行えば、証拠金以上の取引も行えます。
つまり、少ない元手で大きな資本を動かすことができるというのも人気の後押しに。

もしこの記事をご覧の方の中に「もう少しCFDについて詳しく知りたい」という方がいらっしゃったら、『cfd-qa.com』というサイトをご覧ください。
こちらはCFDに関する情報を無料で提供しているサイトとなります。

サービス内容だけ見ても非常に魅力的なCFD。
気軽に始められる要素も満載ですので、ぜひサイト内記事をじっくりと読んで検討してみるとよいでしょう。

詳しくはこちらからアクセスできます。