Archive for 3月, 2016

日経225先物取引は、少額の証拠金を証券会社に預けることで、多額の株を取引できるメリットがあります。
また、株の売買に関しても、先物取引では好きな日時を予約して売買できるため、仕事をしている社会人や昼間忙しい主婦などにも人気があります。

しかし、先物取引を始める際には、株価だけでなく利用する証券会社の手数料にも注意しておきましょう。
そうです。証拠金を預ける証券会社。
無料で株の売買ができるわけではありません。
どこの証券会社でも、決まった手数料がかかります。
その手数料を把握せずに取引していると、損失を出してしまうこともありますので注意しておきましょう。

ちなみに手数料に関しては、miniで30~50円程度の証券会社が多いようです。
中には手数料無料を宣伝文句にしているところもあります。
通常は手数料がかかっても、キャンペーンなどで期間限定無料のところもありますよ。

このように、証券会社選びはチャートが見やすいとかサポートが充実しているなど…
これらの項目以外でも、手数料の料金についても確認しておくことをおすすめします。
たかが数十円…と思うかもしれませんが、そこが株の怖いところです。
1枚ならば数十円でも、千枚購入すれば数千円…場合によっては万単位になってしまうこともあるでしょう。
日経225先物取引を始める前には、注意してほしいと思います。

今後の生活のために、老後の生活のために、やはり安定した生活を送るために何かしら資産運用を始めているという方が増えてきました。貯金するだけでは物足りないと感じている方が多いんですね。そのひとつとして株を始める方もたくさんいらっしゃいます。株を始めると分かりますが、色々と覚えることがたくさんあるのです。分からないものをそのままにしておくと、大事な資産を減らしてしまう可能性があるので、覚えておくべきことはできるだけ早めに理解して、学ぶべきことは大切な知識として積極的に覚えていきましょう。

例えば株価指数先物取引と株式取引、この二つの何が違うのか理解していきます。まずは株価指数先物取引についてですが、取引のときに現物の受け渡しが行われない取引を意味しています。株価指数を一定の値段で売買するための約束をするという取引なんです。これは、決算の履行を保証するというもので、売買の取引を安全に確保する証拠金制度が採用されることになります。つまり、一定の証拠金の差し入れがあれば、株の取引金額の全額を用意する必要がないという仕組みなんです。

ちなみに株式取引とは、株式もしくは取引金額の全額が必要になります。そのため、取引が成立したら現物の譲渡が行われるという流れになっています。

株式投資以外にも新たな資産運用を始めてみたいという方、差金決済取引はいかがでしょうか?
イマイチぴんと来なかったという方も、”CFD”という名称なら耳にしたことがあるかもしれません。
証拠金を元手に日本国内および国外の通貨や株価といった金融商品の価格や指数を参照して差金決済で売買を行うという取引手法です。
投資対象は、なんと一万種類以上!
しかも国内投資や海外投資、さらに株価指数や原油などとなっていますので、投資家がそれぞれ選ぶことができることが特徴であり、魅力と言えるでしょう。
さらにFX同様レバレッジを効かせた取引を行えば、証拠金以上の取引も行えます。
つまり、少ない元手で大きな資本を動かすことができるというのも人気の後押しに。

もしこの記事をご覧の方の中に「もう少しCFDについて詳しく知りたい」という方がいらっしゃったら、『cfd-qa.com』というサイトをご覧ください。
こちらはCFDに関する情報を無料で提供しているサイトとなります。

サービス内容だけ見ても非常に魅力的なCFD。
気軽に始められる要素も満載ですので、ぜひサイト内記事をじっくりと読んで検討してみるとよいでしょう。

詳しくはこちらからアクセスできます。