今後の生活のために、老後の生活のために、やはり安定した生活を送るために何かしら資産運用を始めているという方が増えてきました。貯金するだけでは物足りないと感じている方が多いんですね。そのひとつとして株を始める方もたくさんいらっしゃいます。株を始めると分かりますが、色々と覚えることがたくさんあるのです。分からないものをそのままにしておくと、大事な資産を減らしてしまう可能性があるので、覚えておくべきことはできるだけ早めに理解して、学ぶべきことは大切な知識として積極的に覚えていきましょう。

例えば株価指数先物取引と株式取引、この二つの何が違うのか理解していきます。まずは株価指数先物取引についてですが、取引のときに現物の受け渡しが行われない取引を意味しています。株価指数を一定の値段で売買するための約束をするという取引なんです。これは、決算の履行を保証するというもので、売買の取引を安全に確保する証拠金制度が採用されることになります。つまり、一定の証拠金の差し入れがあれば、株の取引金額の全額を用意する必要がないという仕組みなんです。

ちなみに株式取引とは、株式もしくは取引金額の全額が必要になります。そのため、取引が成立したら現物の譲渡が行われるという流れになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>