CFDとは差金決済取引のことですが、ややこしい印象をお持ちの方も多いかもしれません。
取引所CFDや店頭CFDなど、理解が難しいと思っている方も多いのでは。
そこで、まずは入門編として”CFD取引”に関することを分かりやすくご説明したいと思います。
基礎を固めるところから始めてみましょう。

CFD取引はさまざまな価格や指数などを参照し、差金決済による売買を行う方法です。
たとえば原資産となる国内の通貨であったり株価、株価指数、債券、金や石油といったものも金融商品であり、取引対象となります。

CFD取引はもともとイギリスではじまったもので、日本ではまだまだ成長途中といったところでしょうか。
イギリス本国ではいまや全金融マーケットの取引高のシェアが実に3割を占めるほどの、とてもメジャーな金融商品となっています。

日本ですっかり人気が定着したFX。
外国為替を差金決済による売買で利益を狙っていくという取引です。
実はこのFXもCFD取引の一種で、為替CFDになります。
つまり、CFDは上記でもご説明しましたが、株CFD、株価指数CFDなどがあるということですね。

差額による利益を狙うということはどういう意味かと言いますと、
とある企業の株CFDを100万円で購入したとしましょう。
後日その企業の株CFDが110万円になったので売却します。
そうすると通常の株取引の場合なら100万円で買い、売却後110万円が口座に入金されるという流れになるのですが、CFDはそうではありません。
決済時に発生した差額10万円をやり取りするという取引になるのです。

つまり、キャピタルゲインによる取引であるということになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>